SheevaPlug で SDHC メモリカードを使う

Trancend TS4GSDHC6 を入手。さっそく SheevaPlug の SDIO で使ってみる。

とりあえず SDIO のスロットに差し込む。無事認識。メモリカードは結構はみ出ているので、ぶつけたら割れてしまいそうだ。
SDIO に差し込んだ SDHC は /dev/mmcblk0 というデバイスファイルで扱うことができる。出荷時のファイルシステム (FAT) はパーティションが切られていて /dev/mmcblk0p1 になっている。
とりあえず ext3 でフォーマット:

mkfs.ext3 /dev/mmcblk0

結構時間がかかる。作成したファイルシステムを使って dd でシーケンシャル write の性能を測ってみると約 600KB/s 程度、シーケンシャル read は 9.4 MB/s。ちょっと遅すぎる。SDHC メモリカードの問題であるか確認するため USB のメモリカードリーダーを使って同様の性能測定をすると write 9.0 MB/s, read 18.8 MB/s となる。TS4GSDHC6 の性能としては ok。
MMC ドライバ関連で何か問題があるのかとフォーラムを探るとカーネルを 2.6.30 にした方が良さそうな話がある。
このとき http://svn.nslu2-linux.org/svnroot/optware/trunk/sources/kernel-modules/kirkwood/mvsdio.patch の patch を適用する必要があるようだ。
2.6.30 へのアップグレードを試してみよう。(rc が終わってからにするかどうするか)

フォーラムの方は結構にぎわってきている。
以下、フォーラムで気になったトピックのブックマーク。(後で必要に応じて読む)

SheevaPlug 用のカーネルを公開してくれている (コンパイルされた 2.6.30 がある):
http://sheeva.with-linux.com/sheeva/
http://openplug.org/plugforum/index.php?topic=265.0
http://openplug.org/plugforum/index.php?topic=203.0

2.6.30 にする際の mtdparts の指定の仕方が参考になるかな:
http://openplug.org/plugforum/index.php?topic=168.0

SD 関係:
http://openplug.org/plugforum/index.php?topic=22.0

SheevaPlug 用のコンパイル環境に関するトピック:
http://openplug.org/plugforum/index.php?topic=127

LED のコントロール方法 (ただしカーネル 2.6.30 以降が必要):
http://openplug.org/plugforum/index.php?topic=106

広告

タグ: ,

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。